冷えについて

こんばんは。

ずいぶん冷え込んできましたが、冷え対策は大丈夫ですか❓
冬本番になる前にしっかり対策し、自分の体調を管理しましょうね❗

今日は冷えの根本について記事にしたいと思います。

少し難しいお話ですが、興味のある方は是非‼

今、世間でも冷えの怖さをかなり伝えられていますが。。。

私達人間のエネルギーの作られ方は、

1、元々の解糖形が無酸素下で作るエネルギー

少し低体温(32℃)で働き、瞬発力がでるが疲れやすい。
白筋で瞬発力を発揮する時、怒る時に使われる。

後発のミトコンドリア系が有酸素下で作るエネルギー

快適な温度(37℃以上)のもとで活発に働く。
持続力があって疲れにくいのが特徴。
身体では、心臓、脳、骨格筋(赤筋)に多く、日常生活やリラックス時に使われる。

面白い事に、2つのエネルギー利用の割合は、年齢によって変化し、幼児期や成長期の子供までは、主に1の瞬発力で分裂を繰り返す解糖系のエネルギーで生きているそうです。

だから子供は絶えず走り回りじっとしていないんです。

大人になるにつれて、持続力のミトコンドリア系エネルギーになると、大人らしい落ち着きが出てくるそうです。

私達はこの2つのエネルギーを使い分けていて、

ここ一番の頑張りが必要な時には

低酸素、低体温の解糖系エネルギー

普段の健康の維持には

高酸素、高体温のミトコンドリア系エネルギー

を使うのです。

そして、疲れたり、悩んだり、身体を冷やしたり、食生活が乱れるなど

心身のストレスになる事は解糖系エネルギーの頑張りの世界なので、

それらを受けると低体温、低酸素になり、細胞のミトコンドリアが快適に生きられなくなります

そして、この状態が長く続くと、自身の身を守るために、解糖系中心の分裂するエネルギーへ逆戻りする「先祖返り」のような現象を起こす事も考えられるそうです。

さらに疲れたり、悩んだりして、交感神経が緊張すると、

低体温、血流障害が起き、さらには慢性的な疲労、

ガン、心筋梗塞、脳梗塞、腎不全、糖尿病と重篤な病気を引き起こすのです💦

ミトコンドリア」が快適に生きられる環境を整えるためには、

1、疲れや悩みからの脱却

2、深呼吸

3、日光浴

が必要です❗

これらは、免疫力アップの方法である、副交感神経を優位にする方法と同じ。

真の健康のために必要なこと、不必要なことを見つけることが大切です❗

「免疫学 安保 徹 著書より」

光温浴THBでは、身体の不調に人工的な太陽光を照射、細胞を活性化し、辛い症状を根本から改善しています♪

あきらめていた痛みがすっきりした❗と喜びの声が続出。

お悩みの方は、最寄のTHBか大阪羽曳野店まで。

次回は、当院で皆さんにお伝えしている‘冷え対策’についてお伝えします💕

お楽しみに。。。