冷え対策

こんばんは

今夜も冷えますね💦

湯たんぽが手放せない今日この頃。。。

こんな日は暖かくして早く寝たい所ですが。。。💧

今日は昨日に引き続き冷えについて。。。。

みなさんはおうちで冷えとり生活していますか❓

私は冷え症じゃないと思っている方って結構多いんです。実は。

「手足がほてるから。」とか「顔だけが暑くて、汗かきだ❗」と言う方、

実は隠れ冷え症の可能性が大なんです。

ほてりは冷えすぎて身体が必死で熱を作っている状態で、実際に触ってみると氷のように冷たい方も。。。

それに、「実は体温が35℃台なんです」って気にしてない方や

エアコンは寒いくらいが良かったり。

冬でもアイスや冷たい飲み物が大好きって方も。。。

それから。。。何をしても痩せなくなったと感じている方。

要注意です❗

今は大丈夫でも、これからは分かりません💦

自分の健康は自分で予防し、自分で守る

これが大切です♪

体温は1℃下がると 免疫は30%

代謝は13%下がります‼

免疫って分かりやすく言いかえると身体に備わる「治す力」って事です。

病気から免れる力です。

これが30%も下がるんですよ。

怖いと思いません❓

肩こり、腰痛、だるさ、むくみ、アレルギー

花粉症、血圧、ガン、胃腸障害

めまい、耳鳴り、不眠

不妊症、生理不順、しみや肥満

                   など。。。

実は冷えが絡んでいる疾患がたくさんあります。

なんとなくだるいとか、風邪をひきやすくなったとか

原因がはっきりしない「未病」も冷えが関係している事がほとんどです。

だからこそ、身体をしっかり温めて先ずは身体が隅々までしっかり機能するように

自分で意識したいですよね。

私が患者さんにお伝えしているおうちでできる冷えとり対策は、

1、冷たい飲み物、食べ物を避ける

2、身体を冷やす食材を知る

3、半身浴か手足浴

4、靴下の重ね履き

5、レッグウォーマーの着用

6、腹巻の着用

7、ウォーキング

8、湯たんぽの使用

です。

もちろん、当院で行っている光温浴

身体を温めるジンジャーティも大切です❗

体質は長年かけて作り上げた身体のクセでもあるので、

今日、明日実行しただけですぐに変わるものではありませんが、

今ある辛い症状やこれからの身体作りには必須です。

まずは、できる事から始めましょう‼

次回はこの8つについて具体的にお伝えします‼

お楽しみに💕